教育

教育トップへ
教育ニュース
  • 印刷

 文部科学白書(2009年度)によると、両親の収入が低いほど4年制大学への進学率は低下。年収400万円以下の家庭の進学率は、1千万円超の家庭の半分だった。白書は、格差は緩やかに増大していると指摘する。

 一方、厚生労働省の13年調査によると、児童養護施設には、全国で約3万人が暮らす。だが、高校卒業後は7割が就職し、大学・短大などの進学率は1割程度。全国の高卒者の就職率は2割弱にすぎず、5割が大学・短大などに進み、大きな開きが生じている。

 09年度には中学生に学習塾の費用も支給され始めたが、高校生に制度はない。神戸学院大総合リハビリテーション学部講師の石田賀奈子さん(社会福祉)は「施設での学習は補習が中心で、人員的にも難しい。団塊の世代や大学生らが施設に関わり、将来像を見せることが大切」と指摘。「費用面を含めた学習支援の制度化に加え、施設側が支援に対し、オープンになることも必要だろう」としている。(広畑千春)

教育の最新
もっと見る

天気(5月26日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 10%

  • 25℃
  • ---℃
  • 20%

  • 27℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ