教育

教育ニュース
  • 印刷
須磨東高校の生徒に教わりながら、書道に挑戦するアブデル・ファッタさん=神戸市須磨区東落合1
拡大
須磨東高校の生徒に教わりながら、書道に挑戦するアブデル・ファッタさん=神戸市須磨区東落合1

 兵庫県が友好提携するアメリカ・ワシントン州であった「日本語スピーチ&スキットコンテスト」で優勝したシアトル市の高校生アミラ・アブデル・ファッタさん(18)が14日、神戸市須磨区の須磨東高校を訪れた。

 コンテストは、日本や日本語を深く知ってもらおうと、兵庫県が設置するワシントン州事務所などが毎年開く。アブデル・ファッタさんは高校に入ってから日本語を学び、86人が参加した昨年4月の大会で、スピーチ部門で最も難しい部で優勝。今月10日に来日し、三田市内でホームステイをしながら姫路城や高校などを訪れてきた。

 この日は、1年生280人にシアトルを紹介し、地球温暖化への取り組みを訴えた日本語のスピーチを披露。質問に答えたり、部活を見たりした。「桜がきれい。交流も緊張したけど楽しい」と話した。須磨東高3年女子(17)は「日本に興味を持ってもらえてうれしい。もっと英語を勉強したい」と笑顔だった。(広畑千春)

教育の最新

天気(12月11日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

  • 7℃
  • ---℃
  • 70%

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ