教育

教育ニュース
  • 印刷
「読書感想文が、よく書ける原稿用紙。」を手にする本下瑞穂さん(手前中央)ら=宝塚市末広町
拡大
「読書感想文が、よく書ける原稿用紙。」を手にする本下瑞穂さん(手前中央)ら=宝塚市末広町
感想文を書く基本となる「あたまスッキリメモ」の説明ページ
拡大
感想文を書く基本となる「あたまスッキリメモ」の説明ページ

 多くの小学生が頭を抱える夏休みの宿題、読書感想文。兵庫県宝塚市のグラフィックデザイナー本下瑞穂(ほんげみずほ)さん(38)が今月、メモの取り方や感想文の書き方を分かりやすく学べる「読書感想文が、よく書ける原稿用紙。」(改訂版)を発売した。子どもが楽しんで取り組めるよう、イラストが豊富でカラフルな仕上がり。「子どもと会話をしながら文章を書く」など、保護者向けの助言もつづられている。(中川 恵)

 本下さんは2012年、アメリカのプレゼンテーション番組に感銘を受け、欧米と日本の作文教育の違いを調べ始めた。日本は「個性を表現する作品」、欧米は「相手を説得する技術取得の手段」という違いがあり、アメリカでは書くための思考を養うために「視覚的な思考整理の型」を使っていることが分かった。

 同じころ、子育て中の友達から「読書感想文をどう書かせたらいいか分からない」という声を聞いた。アメリカの「型」を日本版にアレンジできないか-。そうして14年、インターネット上で小口資金を募る「クラウドファンディング」で「原稿用紙」の初版を作った。

 「原稿用紙」は、原稿用紙上にイラストが描かれ、用紙と解説が一体化しているのが特徴。読書感想文は本を読んで「感じたこと」「思ったこと」「考えたこと」を書くとし、頭を整理するために、本の説明▽心に残ったこと▽自分の体験▽これからしたいこと-の順に、決められたスペースに書き込む。メモを基に文章を書き、見直しをして清書する、という手順を実例入りで紹介している。このメモのページは、考えを視覚化し、広げるのに役立つという。

 16年夏には地域のお年寄りとともに、小学生向けに読書感想文教室を開催。子どもが文章を書く際には、「いつ」「なぜ」など5W1Hに関する質問を投げ掛けることが大切だと実感し、今回発売する「原稿用紙」の改訂版では、保護者向けアドバイスも盛り込んだ。

 本下さんは「子どもたちには、楽しく作文に取り組んでほしい。将来夢をかなえるため、読書感想文をきっかけに、世界の人に思いを伝える力を身に付けてほしい」と願っている。

 小学1・2年生向けと小学3年生以上向けの2種類。いずれもB4フルカラー全16枚で、各3千部作成。ネット通販「アマゾン」で税込み810円で販売中。コトバノミカタTEL0797・26・8650

教育の最新

天気(12月19日)

  • 10℃
  • 4℃
  • 20%

  • 7℃
  • -1℃
  • 50%

  • 10℃
  • 2℃
  • 20%

  • 10℃
  • 0℃
  • 20%

お知らせ