教育

教育トップへ
教育ニュース
  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 文部科学省は28日、小学6年と中学3年の全員を対象に4月に実施した2017年度全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の結果を公表した。公立校の都道府県別平均正答数を過去と比べると、地域差縮小が進み下位層の底上げ傾向が続いていると説明。初公表の政令指定都市は多くが全国平均を上回った。一方、知識活用問題は依然苦手とされた。児童生徒アンケートでは部活動時間や主体的な学びへの意識を尋ね、学力との関係を分析した。

 文科省は、年度ごとの全国平均正答数を100と換算し、都道府県の上位層と下位層の平均正答数の差を比較。中3の数学Bでは08年度に6ポイントあったが17年度は4ポイントになり、小6の国語Aでは13年度に5ポイント以上あった差が3・7ポイントに縮まった。

 都道府県別の平均正答率の上位は秋田や石川、福井、富山などが占める固定化が継続。教育行政の権限拡大に伴い今回から公表された政令市20市のうち半数以上が、国語、算数・数学の各教科で公立校の全国平均正答率を上回り、各教科で同じ道府県の他地域と並ぶか上回ったのも10市に上った。

 兵庫県の平均正答率は、中3の数学Aで全国3位となったほか、数学Bでも全国平均を上回った。神戸市も数学A、Bともに県と同じ正答率で、全国平均以上だった。県、市ともに国語と小6の国語・算数は全国平均並みの水準だった。

 【全国学力テスト】正式名称は「全国学力・学習状況調査」。2007年度から小6と中3の全員を対象に実施。国語と算数・数学のほか、3年に1度は理科が加わる。中3は19年度から英語も3年に1度程度実施する予定。国語と算数・数学は基礎的知識を問うA問題と、知識の活用力をみるB問題を出す。児童生徒や学校に生活習慣などを尋ねるアンケートも行う。

教育の最新
もっと見る

天気(9月22日)

  • 25℃
  • 20℃
  • 20%

  • 28℃
  • 15℃
  • 10%

  • 26℃
  • 19℃
  • 40%

  • 27℃
  • 17℃
  • 20%

お知らせ