教育

教育ニュース
  • 印刷

 文部科学省が28日に発表した全国学力テストの結果で、兵庫県の平均正答率は、中学3年の数学で基礎学力を確認する「知識(A問題)」、思考力を問う「活用(B問題)」とも全国上位だった。一方、小学6年は、国語の活用と算数の知識で全国平均をわずかに下回った。

 学力テストは、小学6年と中学3年を対象に今年4月に実施し、県内では公立小中などの約9万人が参加。正答率は小数点以下を四捨五入している。知識は、漢字の読み書きや計算などの基礎問題で、活用は、国語の文章問題や数学の証明問題など。

 中3の数学は知識で3ポイント、活用で2ポイント全国平均を上回った。ともに、関数や図形の設問で正答率が高かった。国語の知識も全国平均を1ポイント上回り、漢字の読み書きで正答率が高かった。

 小6は、全国平均を上回る教科はなく、国語の活用と算数の知識で1ポイント下回った。国語の活用は記述問題の正答率がやや低く、算数の知識は足し算や掛け算が交じった四則演算で正答率が低かった。

 県教育委員会義務教育課は「全科目、全国平均以上が一つの目安。正答率が低い設問については詳細に分析する」としている。同課は、これまでの全国学力テストで浮かび上がった課題点を「つまずきポイント」として指導事例集をまとめている。(井上 駿)

教育の最新

天気(11月25日)

  • 12℃
  • 6℃
  • 20%

  • 11℃
  • 5℃
  • 50%

  • 12℃
  • 6℃
  • 10%

  • 12℃
  • 4℃
  • 10%

お知らせ