教育

教育ニュース
  • 印刷

 神戸市外国語大(神戸市西区)は1日、2月25日にあった一般入試の前期日程で、英語の問題(200点満点)に出題ミスがあったと発表した。長文問題の下線部と同じ意味の英文を完成させる問題で、設問が不適切だった。該当箇所(10点)を全員正解とし、合否判定に影響はないという。

 ミスがあったのは、定員286人に対し、921人が受験した外国語学部の英語問題。設問では、長文中の下線部を文全体に引くべきところを、一部の語句にしか引いていなかった上、どのような英文を完成させるかという指示も不明確で、設問が成立しないと判断したという。

 採点時に教員の指摘で発覚。複数の教員が試験問題を解いて点検したが、気づかなかったという。合格発表は6日にある。(井上 駿)

教育の最新
もっと見る

天気(4月27日)

  • 21℃
  • ---℃
  • 10%

  • 23℃
  • ---℃
  • 10%

  • 21℃
  • ---℃
  • 10%

  • 23℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ