教育

教育ニュース
  • 印刷
緊張した表情で卒業証書を受け取る卒業生=22日午前、姫路市北条(撮影・小林良多)
拡大
緊張した表情で卒業証書を受け取る卒業生=22日午前、姫路市北条(撮影・小林良多)

 兵庫県内の各地で22日、公立小学校の卒業式が行われた。姫路市立城陽小学校(同市北条)では、2クラス80人が卒業式に臨み、6年間通った学びやに別れを告げ、新生活に期待を膨らませた。

 同校の卒業生はなじみの制服姿で入場。担任に名前を呼ばれると「はい」と大きな声で返事し、原田貞雄校長から卒業証書を受け取った。原田校長は「困ったときはすぐ近くに解決策があることが多い。身近な人と協力しながら成長してほしい」と語り掛けた。

 卒業生全員で述べた門出の言葉では、運動会や修学旅行の思い出に触れ、「自分で考えること、責任を果たすこと、人を思いやることを学びました」と振り返った。「旅立ちの日に」の合唱では、涙ぐむ児童の姿もあった。

 この日、県内では阪神間や但馬、北播地域の一部を除く603校で卒業式があった。(谷川直生)

教育の最新
もっと見る

天気(12月13日)

  • 11℃
  • 6℃
  • 10%

  • 9℃
  • 4℃
  • 50%

  • 11℃
  • 5℃
  • 20%

  • 11℃
  • 5℃
  • 20%

お知らせ