教育

教育ニュース
  • 印刷
連携協定を結んだ関学大の細見和志総合政策学部長(左から2人目)と慶応大の河添健総合政策学部長(同3人目)ら=東京都港区、慶応大三田キャンパス
拡大
連携協定を結んだ関学大の細見和志総合政策学部長(左から2人目)と慶応大の河添健総合政策学部長(同3人目)ら=東京都港区、慶応大三田キャンパス

 兵庫県の関西学院大学と慶応義塾大学は23日、文理融合分野の学部、研究科がある二つのキャンパス間で、共同研究の推進や学生、教職員の人材交流を図る連携協定を結んだ。

 関学大の総合政策学部や理工学部などがある神戸三田キャンパス(三田市)と慶応大の総合政策学部、環境情報学部などがある湘南藤沢キャンパス(神奈川県藤沢市)。両キャンパスは教育・研究の分野が学際的で、郊外に位置するなど共通点が多い。それぞれが持つ産官学連携組織の交流も図れるとしてキャンパス間連携に至った。

 協定では、単位の相互認定や授業の相互提供を可能にしたほか、教員の派遣や共同研究も進める。同日、東京都内であった調印式で細見和志・関学大総合政策学部長は「多様な分野が集まることで新たな研究スタイルを見いだす流れが国内に起きている。両キャンパスが協力し、ここでしかできないものを生み出せる」と期待を語った。(大盛周平)

教育の最新

天気(8月22日)

  • 36℃
  • ---℃
  • 10%

  • 38℃
  • ---℃
  • 10%

  • 38℃
  • ---℃
  • 10%

  • 37℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ