教育

教育ニュース
  • 印刷
兵庫県庁3号館=神戸市中央区下山手通5
拡大
兵庫県庁3号館=神戸市中央区下山手通5

 兵庫県教育委員会は6日、来春の2019年度公立高校入試の選抜要綱を発表した。県立佐用高校(同県佐用町)に、県境の岡山県東部に住む生徒の志願を認めるほか、一般入試の志願変更に一部見直しがある。

 推薦入試は2月15日、一般入試は3月12日に実施する。前年度からの変更点は2点。岡山県からの受け入れは、少子化など人口減が背景にあり、岡山県側の生徒の通学難を解消する目的で導入する。

 志願変更の見直しは、全体の出願状況を確認した後に難関校の複数志願選抜に変更する“偵察出願”を防ぐために導入する。志望先を一つ選ぶ単独選抜(専門学科や定時制)から、第1・第2志望を選ぶ複数志願選抜(普通科や総合学科)に変更する場合、従来は第1、第2志望とも新たに選べたが、19年度入試からは当初志願した単独選抜と同じ学校内でのみ変更でき、第2志願は認めない。

 16~18年度にモデル的に取り組んできた外国人生徒向けの特別枠選抜(3校計9人)は、19年度以降の詳細を検討中としている。(井上 駿)

教育の最新

天気(11月21日)

  • 16℃
  • ---℃
  • 10%

  • 16℃
  • ---℃
  • 10%

  • 17℃
  • ---℃
  • 0%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ