教育

教育ニュース
  • 印刷
再任が決まった神戸大の武田廣学長(神戸大提供)
拡大
再任が決まった神戸大の武田廣学長(神戸大提供)

 神戸大学(神戸市灘区)は19日、任期満了を迎える武田廣学長(69)の再任を決めた。任期は2019年4月1日から2年。

 武田学長は東大理学部物理学科出身で、1989年に神戸大理学部教授に就任。理学部長、理事・副学長などを歴任し、15年から学長を務めた。

 専門は高エネルギー物理学。13年に提唱者がノーベル物理学賞を受賞したヒッグス粒子について、発見、確定させる実験をした国際研究チーム「アトラス」の立ち上げにも関わった。

 武田学長は「教育、研究、社会貢献、運営で改革に取り組んできた。世界最高水準の教育研究機関として発展するために全力を尽くしたい」とコメントした。

教育の最新
もっと見る

天気(3月25日)

  • 14℃
  • 6℃
  • 10%

  • 17℃
  • 1℃
  • 0%

  • 15℃
  • 6℃
  • 10%

  • 16℃
  • 4℃
  • 0%

お知らせ