教育

教育ニュース
  • 印刷
兵庫県庁3号館=神戸市中央区下山手通5
拡大
兵庫県庁3号館=神戸市中央区下山手通5

 兵庫県教育委員会が障害者雇用率の算定を誤り、国が示した基準の6割程度にとどまっている問題で、県教委は10日、学校現場での勤務を希望する障害者の数の把握や働き手確保のため、人材バンクを創設したと発表した。登録後、有期雇用の勤務で現場に慣れてもらい、適性やマッチングを見極めて正規採用につなげる。

 国は同雇用率2・4%を基準として示している。県教委は2・29%と見積もっていたが、中央省庁の水増し問題を受け再調査したところ、手帳を持たない教職員134人を含めていたことが判明。算定し直した結果、1・44%で、国の基準と大きな開きがあった。

 人材バンクの募集は、教員▽事務職員▽栄養士▽校務員▽実習員▽調理員-の6職種。教員は臨時講師と非常勤講師があり、教員免許が必要。登録後、小中高校や特別支援学校の各職種で欠員が生じた場合などに勤務する。勤務は原則1年以内の短期間だが、更新もできる。県教委教職員課のホームページから用紙をダウンロードして申し込む。同課TEL078・362・3750

(井上 駿)

教育の最新

天気(6月21日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 30%

  • 30℃
  • ---℃
  • 40%

  • 30℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ