教育

教育ニュース
  • 印刷
試験開始を待つ受験生=19日午前、神戸市東灘区岡本8、甲南大岡本キャンパス(撮影・後藤亮平)
拡大
試験開始を待つ受験生=19日午前、神戸市東灘区岡本8、甲南大岡本キャンパス(撮影・後藤亮平)
試験開始を待つ受験生=19日午前、神戸市東灘区岡本8、甲南大岡本キャンパス(撮影・後藤亮平)
拡大
試験開始を待つ受験生=19日午前、神戸市東灘区岡本8、甲南大岡本キャンパス(撮影・後藤亮平)

 本格的な入試シーズンの幕開けとなる大学入試センター試験が19日、全国の693会場で始まった。志願者数は、前年度より5841人減の57万6830人。日程は20日までの2日間で、初日は地理歴史と公民、国語、英語のリスニングを含む外国語、20日は理科と数学を実施する。交通機関の乱れにより一部の受験生の試験開始時間を繰り下げた。

 センター試験の得点を入試に利用する国公私立の大学・短大は852校で、うち大学は過去最多の703校に上る。参加大学の内訳は国立が82校、公立90校、私立531校。短大は149校が利用する。

 兵庫県内では、28大学39会場(一部に高校を含む)で実施された。志願者数は前年度より287人少ない2万6676人。交通の乱れなどはなく、各会場では予定通り試験が始まった。

 神戸市東灘区の甲南大岡本キャンパスでは、緊張した面持ちの受験生が正門前で引率の高校教諭や塾講師らから激励を受け、次々と教室へ向かった。関西の国立大志望という県立西宮高3年の生徒(18)は「国語でどんな問題が出るのか楽しみ。1日8時間も勉強してきたので、全力を出し切りたい」と意気込んでいた。(井上 駿)

教育の最新

天気(9月19日)

  • 28℃
  • 23℃
  • 10%

  • 25℃
  • 21℃
  • 30%

  • 29℃
  • 21℃
  • 10%

  • 28℃
  • 21℃
  • 20%

お知らせ