教育

教育ニュース
  • 印刷

 兵庫県立大は6日、先月25日に実施した社会情報科学部の一般入試(前期日程)の数学で、出題ミスがあったと発表した。合否に影響はないという。

 ミスがあったのは、正の整数nを含む数式の大問中に出題された証明問題。採点時に、nの値によっては、数式が成り立たないことが発覚したという。数学は400点満点で、この大問は3題で計80点。同大はこの問題を外し、2題で計80点とする得点調整を行う。

 同学部は今春に新設。前期の募集60人に対し、164人が受験し、7日に合格発表がある。同大は「昨年は追加合格者を出す重大な出題ミスがあり、チェック態勢を大幅に強化したが、再発を防げず、誠に申し訳ない」とした。(井上 駿)

教育の最新

天気(8月21日)

  • 31℃
  • 27℃
  • 30%

  • 29℃
  • 25℃
  • 50%

  • 33℃
  • 26℃
  • 30%

  • 33℃
  • 26℃
  • 30%

お知らせ