教育

教育ニュース
  • 印刷
法人合併の契約を結んだ(左から)濱名篤理事長、立会人の井戸敏三兵庫県知事、楠見清理事長=22日午前、県公館
拡大
法人合併の契約を結んだ(左から)濱名篤理事長、立会人の井戸敏三兵庫県知事、楠見清理事長=22日午前、県公館
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT
関西国際大三木キャンパス=三木市志染町青山1
拡大
関西国際大三木キャンパス=三木市志染町青山1
神戸山手大=神戸市中央区諏訪山町
拡大
神戸山手大=神戸市中央区諏訪山町

 関西国際大(兵庫県三木市)などを運営する学校法人濱名学院(同県尼崎市)は22日、神戸山手大と女子中学・高校などを運営する学校法人神戸山手学園(神戸市中央区)を、2020年4月に統合すると発表した。少子化が進む中、文部科学省は大学の統合・再編のための手続きを簡素化した新制度を創設する予定で、その適用第1号となる見通し。現代社会学部のみの単科大学の神戸山手大が、関西国際大に学部譲渡する形で両大学の統合が可能になる。

 濱名学院の濱名篤理事長と、神戸山手学園の楠見清理事長が同日、神戸市内で法人合併の契約書に調印した。

 合併後の法人名は「濱名山手学院」で、濱名氏が理事長に就く。神戸山手大は、関西国際大の神戸山手キャンパスとなる。神戸山手女子中学・高校は名称を変えず、濱名山手学院の経営で存続。募集停止中だった神戸山手短期大は、3月末での廃止が既に決まっている。

 神戸山手学園は、中学校で定員の5分の1に満たない苦しい経営状況で、両法人は18年2月から中高の協力について話し合いを始めたが、文科省との三者協議の中で、大学統合を含めた法人合併にまとまったという。現代社会学部を加えた関西国際大は、20年4月に計6学部(学生数約3千人)となり、21年に再び学部の改編を予定している。

 濱名山手学院は、認定こども園・幼稚園▽中学・高校▽専門学校▽大学・大学院-を運営する学校法人となり、全てを合わせた定員は約4500人に上る。会見で濱名理事長は「地域に根ざした運営を心掛ける。中高は女子校のままで、国際交流や発展的な学びに取り組みたい」と述べた。

 神戸山手学園は1924年、地域の寄付によって誕生した「山手学習院」がルーツ。楠見理事長は「合併は苦渋の決断。現在の山手の地で学校を維持、発展させることが、最大の使命だ」と話した。

(井上 駿)

教育の最新
もっと見る

天気(7月24日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 30%

  • 33℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ