教育

教育ニュース
  • 印刷
宝塚音楽学校の生徒と同じ講堂で入学式に臨む宝塚コドモアテネの生徒=宝塚市武庫川町
拡大
宝塚音楽学校の生徒と同じ講堂で入学式に臨む宝塚コドモアテネの生徒=宝塚市武庫川町
声楽のレッスン(宝塚コドモアテネ提供)
拡大
声楽のレッスン(宝塚コドモアテネ提供)
日舞のレッスン(宝塚コドモアテネ提供)
拡大
日舞のレッスン(宝塚コドモアテネ提供)
バレエのレッスン(宝塚コドモアテネ提供)
拡大
バレエのレッスン(宝塚コドモアテネ提供)

 清く正しく美しく-。20倍以上の超難関を突破した未来のタカラジェンヌたちが、日々芸に磨きをかける宝塚音楽学校(兵庫県宝塚市武庫川町)。実は、その教室で毎週日曜日、バレエなどを学べる「付属校」がある。宝塚歌劇団出身の女優真矢ミキさんら数多くのトップスターも輩出した、いわば習い事の中の習い事ともいえる「宝塚音楽学校付属 宝塚コドモアテネ」。今春、OGの講師陣も見守る中、38人の少女が目を輝かせ入学式に臨んだ。(広畑千春)

 宝塚コドモアテネは昭和に入って間もない1932(昭和7)年9月に、「子どもたちの芸術面の能力を円満に育成するとともに、正しい成長を期待」して創立された。その理念は今も変わらず、「宝塚音楽学校の校舎、設備、講師陣を活用し、明るさと学ぶことの楽しさ厳しさを知ってもらい、地域社会に貢献できたら」(同校)という。

 入学資格は小学4年~中学2年で、継続の場合は中3まで。在学年数によってクラス分けされる。宝塚音楽学校と同様に男子は入れない。さぞ入るには難しい試験が…と思いきや、新規募集定員は毎年約40人で、応募多数の場合は抽選になるそうだ。運も実力のうち、なのかもしれない。

 授業は毎週日曜日の午前9時半~午後2時40分、80分1コマで、声楽、クラシックバレエ、日本舞踊の3科目を基礎から学ぶ。費用は入学金3万5千円と月1万5千円。その他に制服代などもあるが、バレエと日舞と声楽のレッスンを一度に、この場所で、この講師陣から学べるには破格の値段との声もある。1月には「勉強会」という発表会がある。

 かつて、受験スクールのない頃は卒業生から宝塚音楽学校に合格する人も多くいたが、今や群雄割拠(ぐんゆうかっきょ)の時代。「音楽学校の試験はコドモアテネと無関係です」(同校)といい、受験のためというより、何よりタカラヅカの「空気」や美しい身のこなしに憧れて…という人が多い。東京や広島、三重県から通う生徒もいる。

 4月29日に入学した令和1期生となる38人は、宝塚音楽学校の制服のデザインに似た茶色の制服に身を包み、緊張した面持ちで式に臨んだ。1人ずつ名前を呼ばれ、伊木常雄校長(宝塚音楽学校校長代行)のあいさつに聞き入り、宝塚音楽学校と同じ校歌を斉唱。その姿は、タカラジェンヌの卵の卵のようにも見える。

 宝塚音楽学校の生徒といえば、日常生活でも「清く正しく美しく」を追求することで有名だが、それは宝塚コドモアテネの生徒も同じ。常に見られているという意識を持ち、品位を傷つけないことも求められるそうだ。

 4歳からバレエを習っているという大阪市の中学1年生(12)は「まだまだ実力不足。基礎からしっかり身に付けたい」。宝塚歌劇の大ファンといい、夢の学校の校舎や雰囲気に、ジェンヌへの思いを新たにしていた。

教育の最新
もっと見る

天気(2月19日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 0%

  • 11℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ