教育

教育ニュース
  • 印刷
法人合併の契約を結んだ(左から)濱名篤理事長、立会人の井戸敏三兵庫県知事、楠見清理事長=3月22日、県公館
拡大
法人合併の契約を結んだ(左から)濱名篤理事長、立会人の井戸敏三兵庫県知事、楠見清理事長=3月22日、県公館

 文部科学省は、私立大同士で学部の譲渡ができるよう制度を改正し、全国の学校法人などに通知した。新制度での学部譲渡に真っ先に手を挙げたのは、関西国際大と神戸山手大。大学を運営する濱名学院(兵庫県尼崎市)と神戸山手学園(神戸市中央区)の両学校法人は、制度を活用した上で、2020年4月に法人自体も合併するとしている。

 神戸山手学園は経営する中学校の在校生が定員の5分の1に満たないなど、経営状況が苦しく、両法人は18年2月に中高の協力を視野に話し合いを開始。文部科学省との三者協議の中で、大学統合を含めた法人合併を決めた。

 制度が適用されると、現代社会学部のみを持つ単科大学の神戸山手大が学部を譲渡し、20年4月に関西国際大神戸山手キャンパスとなる。同大は、同学部を加えて計6学部(学生数約3千人)となり、21年にも学部改編を計画している。

 両法人合併後の新法人名は「濱名山手学院」にすでに決定。神戸山手女子中学・高校は名称を変えずに存続し、同学院は、認定こども園・幼稚園▽中学・高校▽専門学校▽大学・大学院-を運営する学校法人として経営に当たる。(井上 駿、篠原拓真)

教育の最新

天気(10月24日)

  • 23℃
  • ---℃
  • 80%

  • 20℃
  • ---℃
  • 90%

  • 23℃
  • ---℃
  • 70%

  • 23℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ