教育

教育ニュース
  • 印刷
兵庫県庁3号館=神戸市中央区下山手通5
拡大
兵庫県庁3号館=神戸市中央区下山手通5

 兵庫県教育委員会は、2020年度公立学校教員採用試験(神戸市立を除く)の応募状況を発表した。募集は905人(前年度比50人増)で、応募者は5626人(同523人減)。倍率は6・2倍(同1・0ポイント減)で、全区分で前年度より倍率が下がった。

 応募者が約1割減少していることについて、県教委は「民間企業の採用が早まっていることも影響している」などと分析し、「教職の魅力、働き方改革を進めていることをアピールする必要がある」としている。

 区分別では、「小学校・特別支援学校」は360人の募集に対し1862人が応募し、倍率は5・2倍(前年度5・6倍)だった。「中学校・特別支援学校」は270人の募集に対し1415人が応募し、5・2倍(同6・5倍)。「高校」は170人の募集に対し1589人が応募して9・3倍(同10・5倍)となり、音楽(22・0倍)、美術(18・0倍)、数学(17・8倍)などの倍率が高かった。(佐藤健介)

教育の最新

天気(8月24日)

  • 29℃
  • 24℃
  • 30%

  • 32℃
  • 22℃
  • 20%

  • 30℃
  • 24℃
  • 50%

  • 31℃
  • 22℃
  • 40%

お知らせ