教育

教育ニュース
  • 印刷
神戸大=神戸市灘区六甲台町1
拡大
神戸大=神戸市灘区六甲台町1

 知的障害のある人に大学で学びの場を提供しようと、神戸大は10月から「学ぶ楽しみ発見プログラム」を開講する。社会に出る前のステップとして、仲間と学ぶ楽しさを通じて自己理解や他者理解、社会認識を深めるのが目的。文科省の委託研究事業として実施する。(太中麻美)

 同省の統計では、2017年3月に特別支援学校高等部を卒業した知的障害のある生徒のうち、大学や特別支援学校の専攻科に進学したのは0・4%にとどまり、世代全体の大学進学率と大きな隔たりがある。

 プログラムを担当する神戸大大学院人間発達環境学研究科の津田英二教授(社会教育論)は「現状、知的障害のある人は大学での学びから遠ざけられている」と指摘。「人生や将来について考える機会にしてもらいたい」とする。

 期間は来年2月までの週3回(火、水、金曜)、同研究科(神戸市灘区鶴甲3)とコミュニティー拠点「のびやかスペースあーち」(同市灘区岸地通1)で実施。教育学や心理学の特別授業のほか、神大生と一緒に大学の授業も受講できる。取り組みたいことを話し合って計画を立てて外に出掛け、研究や創作活動も行う。

 募集人数は5~6人程度で、作文や面接などの選考がある。授業料は5万2800円。高校か特別支援学校高等部を卒業した人が対象。言語によるコミュニケーションと自力通学が可能で、療育手帳を持ち、家族の理解があることなどが条件となる。

 見学説明会が8月21日午後4時半から、同研究科である(申し込み不要)。個別相談や願書提出も受け付ける。ヒューマン・コミュニティ創成研究センターTEL078・803・7970(火曜午後1~7時)。

教育の最新

天気(8月23日)

  • 30℃
  • 26℃
  • 70%

  • 32℃
  • 26℃
  • 50%

  • 30℃
  • 26℃
  • 80%

  • 30℃
  • 25℃
  • 70%

お知らせ