教育

教育ニュース
  • 印刷
ある小学校で6年生の夏休みの宿題として出されたドリル
拡大
ある小学校で6年生の夏休みの宿題として出されたドリル

 「夏休みの宿題、自治体や学校ごとの量はどうなっているの?」。無料通信アプリLINE(ライン)を使った神戸新聞の双方向型報道「スクープラボ」に、兵庫県姫路市の母親からそんな質問が寄せられた。小学生の娘が他市に住むいとこの家に泊まりに行った際、宿題の量の少なさに驚いたという。母親も娘の宿題の多さを訴え、「家族での外出やスポーツの合宿で子どもは忙しい上、親も漢字や計算ドリルの丸付けなど本当に大変」。実際、その量や内容にどれほど差があるのか取材してみた。(鈴木久仁子)

 まず姫路、明石、神戸の各市教育委員会に聞いた。「宿題の量を市教委で一律に決めていますか」。「いえいえ、各学校にお任せしています」と同じ返事。それなら、次は学校だ。

 姫路市内のある小学校の宿題は6年生の場合、漢字ドリル30ページ以上▽習った範囲の計算ドリル▽一行日記▽リコーダーの練習▽読書感想文▽作文▽手作り朝ごはんコンテストの応募作▽自主学習ノート30ページ以上▽地域の事業所のポスターや作品の制作▽調べ学習コンクールの応募作-と、ここまでが必須。さらに、チャレンジしたい場合の学習メニューもある。

 聞けば、学校と地域のつながりが深く、地域主体の作品展などがあるため、それらに出品するための宿題が増える傾向という。

 一方、明石市内のある小学校の6年生は、ドリル類はあっても日記は2日分、作品類は選択できる。卒業文集の下書きなどはあるが、自由研究も必須ではない。「本年度から夏休みが8月25日までと1週間短くなり、例年より少なくした」とする。

 兵庫県内のベテラン教諭は「宿題の良しあしは量ではない。各学校は子どもの特徴や学習傾向、地域とのつながりなど、複合的に見て決めている」と話す。その結果、全体の分量も決まるという。

 「子どもや家庭の状況によっても適量は違う。どれだけやるか、自分たちで決められれば最高なのに」と姫路市の母親はこぼす。

 神戸市垂水区の市立本多聞小学校では、6年生にドリル類が全くない代わりに「自主学習ノート」がある。自ら分量を決め、漢字も計算も勉強したものを合わせて1冊のノートに仕上げるという。同ノートは普段から取り入れており、同校は「それぞれ何ページと決められているよりきついはず」とする。

 小学校教諭の経験がある渡邉伸樹・関西学院大教授(数学教育学)は「夏休みの宿題は知識を詰め込む学びではなく、子どもがやりたいからやるという方向に持っていきたい。達成力や社交力、粘り強さなどを高める過ごし方ができるよう工夫を凝らすのが望ましい」と指摘する。

 神戸新聞社は、読者の投稿や情報提供を基に取材を進める双方向型報道「スクープラボ」を始めました。身近な疑問や困りごとから、自治体や企業の不正告発まで、あなたの「調べてほしい」ことをお寄せください。LINEで友だち登録(無料)した後に投稿できます。皆さんと一緒に「スクープ」を生み出す場。ご参加をお待ちしています。

教育の最新
もっと見る

天気(9月24日)

  • 27℃
  • 23℃
  • 30%

  • 24℃
  • 20℃
  • 60%

  • 28℃
  • 22℃
  • 20%

  • 28℃
  • 21℃
  • 30%

お知らせ