教育

教育ニュース
  • 印刷
兵庫県内の学童保育で土曜や夏休み中の開所時間を前倒しする動きが広がっている=姫路市北条
拡大
兵庫県内の学童保育で土曜や夏休み中の開所時間を前倒しする動きが広がっている=姫路市北条
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 放課後や土曜、夏休みに小学生を預かる学童保育事業で、兵庫県内41市町中32市町が土曜の開所時間を午前7時半~8時半に設定していることが、各自治体へのアンケートで分かった。土曜も勤務する保護者の要望などを受けた対応で、うち12市町はおおむねこの5年に開所時間を前倒し。子育てと仕事の両立を支援する施策の広がりがうかがえる。(まとめ・伊田雄馬)

 無料通信アプリLINE(ライン)を使った神戸新聞の双方向型報道「スクープラボ」では、7月27日付朝刊で土曜の開所時間について神戸市と県内の中核市4市の現状を紹介。今回は対象を全41市町の公設学童保育に広げ、各自治体の担当者から聞き取った。

 土曜の受け入れが最も早いのは午前7時半で8市町(一部は事前申請が必要)。7時45分の3市町を合わせ計11市町が7時台に開所していた。最も多かったのは「8時開所」で計17市町だった。土曜は通常実施しないのが6市町で、うち4市は夏休み中の土曜は開いていた。

 開所時間を早めた12市町に理由を尋ねると「利用者ニーズの高まり」が多く、保護者の出勤時間帯に合わせて15~30分前倒ししたケースが目立った。もともと8時15分だった西脇市では「(学童保育施設のある)学校前で子どもが開所を待つこともあった」といい、30分前倒しの試行に続き、昨年4月にはさらに15分早め7時半開所に踏み切った。

 また、長期休暇中に限り平日や土曜の開所時間を7時台に繰り上げた自治体(試験実施も含む)も6市町あった。

 土曜の開所が基本的に午前9時というのは神戸、尼崎、芦屋の3市。神戸市は4年前から一部で土曜の8時開所を始め、現在は公設188施設のうち24施設(4施設は長期休暇中のみ)で対応している。同市は「できるだけ8時開所が増えるよう、運営を委託している指定管理者に働きかけ、人材確保対策などにも取り組む」としている。芦屋市も8時への前倒しを「検討中」という。

■読者の声「遅いと送迎無理」「職場も配慮を」

 学童保育を巡る7月27日付朝刊の「スクープラボ」では、土曜の開所時間が自治体によって異なり、出勤時間を考えると神戸市のように午前9時からでは遅い-という保護者らの悩みをまとめた。掲載後にはラインで多くの反響も寄せられた。主な声を紹介する。

 神戸市で学童に子どもを預ける母親は「本当に『そうやねん!!』って大きい声を出したい気持ちになった」と寄せた。長期休み中の開所は平日午前8時半で土曜は9時。自身は仕事のため先に家を出なければならず、子どもが戸締まりをして学童に向かうという。「家に子どもを残して行くのは不安でいっぱい」

 小2の子どもを預ける神戸市の母親も「長期休暇中は地域の見守りボランティアもおらず、不審者や事故が心配。送迎も考えるが、勤務が8時半からなので無理」。やむなく学童を実施する施設の前で開所まで待たせていたが、今年に入り学童側から「玄関前で待つことがないように、家を出る時間を調整してください」との便りがあったという。「地域差がなくなり(開所時間が)変わることを切に願います」と訴えた。

 このほか学童と仕事との調整がつかず転職を選んだという投稿もあり、職場での配慮を求める声も強い。

 また、学童で働く人からも意見があった。働き始めて2年半という女性は、夏休みは朝から出勤し、それ以外は昼からという変則勤務。雇用保険には未加入で、1年更新の雇用契約に不安を感じている。イベントの企画、お誕生日カードの作成、夏祭りの準備・片付けなど付随する業務も多く、サービス残業や持ち帰り残業もあるという。

 「保護者の要望が増えるにつれ、負担が増えると率直に感じてしまう」と女性。楽しい学童にしたい、喜ぶイベントもしたいと願うが「人員の余裕がない」とつらさをのぞかせた。(伊田雄馬)

     ◇     ◇

 神戸新聞社は、読者の投稿や情報提供を基に取材を進める双方向型報道「スクープラボ」を始めました。身近な疑問や困りごとから、自治体や企業の不正告発まで、あなたの「調べてほしい」ことをお寄せください。LINEで友だち登録(無料)した後に投稿できます。皆さんと一緒に「スクープ」を生み出す場。ご参加をお待ちしています。

教育の最新

天気(11月22日)

  • 16℃
  • 10℃
  • 50%

  • 15℃
  • 5℃
  • 40%

  • 14℃
  • 10℃
  • 60%

  • 14℃
  • 8℃
  • 50%

お知らせ