教育

教育ニュース
  • 印刷
吉田和正校長
拡大
吉田和正校長

 2019年度「視聴覚教育・情報教育功労者」文部科学大臣表彰者に、神戸市立菅の台小学校(同市須磨区)の吉田和正校長(60)が選ばれた。地場産業を扱ったビデオ教材作成や、教材を各校で共有するネットワーク構築といった取り組みが評価された。

 同表彰は、視聴覚・情報教育の研究や実践に長年尽くした人をたたえる制度。本年度は全国で50人程度が対象となった。

 兵庫県教育委員会によると、吉田校長は映像を授業で効果的に示す方法の普及に注力し、灘五郷の酒や伊川谷の花など神戸の産品について学ぶビデオ教材を開発。市立学校園をネットワークでつなぎ、教職員や児童生徒らが端末で共通の教材を利用できるシステムも築いた。(佐藤健介)

教育の最新

天気(10月21日)

  • 24℃
  • 18℃
  • 30%

  • 22℃
  • 12℃
  • 20%

  • 25℃
  • 16℃
  • 50%

  • 24℃
  • 15℃
  • 40%

お知らせ