教育

教育ニュース
  • 印刷
当時の生徒たちの自画像。丸刈り(左)から自由化された頭髪に変わっていく=加古川市内
拡大
当時の生徒たちの自画像。丸刈り(左)から自由化された頭髪に変わっていく=加古川市内

 髪形に髪の色、果ては下着の色まで指定。冬場でもタイツの着用は認めない…。神戸新聞の双方向型報道「スクープラボ」には、そんな「ブラック校則」を巡る疑問が相次ぎ寄せられている。8月31日付朝刊では、勇気を出して“改正”を願い出た女子高校生が学校側に一蹴された記事も掲載。すると、兵庫県加古川市の現役教諭から一本の投稿が届いた。「生徒と信頼関係を築き、校則を変えました」。なぜ、可能だったのか、理由を尋ねようと取材に向かった。(鈴木久仁子)

 時はさかのぼること27年前、1992年のことだ。後に米大リーグのヤンキースで活躍した松井秀喜さんが、甲子園で5打席連続敬遠をされた年でもある。舞台は加古川市立志方中学校。まだ駆け出しだった男性教諭(56)は、同じ加古川市内で「男子の丸刈り強制をやめた中学校が出た」と聞いて衝撃を受けた。当時は丸刈りが当たり前だったからだ。

 「確かに時代の流れには合わない」。そう思う一方で、「もし自由化したら、高校入試で子どもたちが不利にならないか」との不安が頭をもたげた。先輩や同僚教諭とも相談した結果、「自分たちで決めさせる」ことになった。

 では、どのような進め方をするか。職員室は気持ちを共有し、綿密な作戦を練った。まずは前哨戦として「ディベート(討論)の練習」をさせることに。テーマに選んだのは、当時、物議を醸した「松井選手への敬遠は是か非か」。互いに意見をぶつけ合い、結論を導く練習をした。

 そして次に「丸刈りの校則を自由化するか否か。変えるなら、どういう形にするか」という本題に持ち込んだ。テーマを伝える際には「権利ばかりを主張するのではなく、きちんと決めてほしい」と付け加えることも忘れなかった。

 「それはもう、腹をくくりましたよ」と教諭。「中には茶髪やピアスのやんちゃな子もいましたから。どんな答えを出してくるか緊張した」と振り返る。

 ところが、出てきた答えは「極めて正常で、常識あるルール」だった。生徒会が中心になって話し合いを繰り返し、「耳や目に深くかからないように、きちんとした身だしなみを維持し、故意に染めるのはやめよう」と決めた。当時の生徒会長は全校集会で「自分たちで決めたルール。みんなで守っていこう。自分たちが卒業しても、引き継いでほしい」と呼び掛けた。

 「感動しましたよ。自分たちできちっと線を引いた。信頼してもらったのだから、きちんとしようという雰囲気もできた」

 「互いに信頼関係ができ、『中学生には、すごい力がある。もっと信頼しても大丈夫なんや』と手応えも得ました」

 今でも鮮明に思い起こせるほど、この出来事はその後の教師生活に大きな影響を与えたという。以来、上から押し付けるのではなく、なるべく生徒に決めさせることにこだわるように。時には部活のレギュラーも部員に決めさせた。

 教諭は当時の経験を踏まえ、「前例踏襲で(校則を)押し付けるのは簡単に見えるが、信頼関係を築く方が大切。教師はどれだけきちんと生徒たちの話を聞けるのかが問われる。ルールは試しに変えて、だめだったら戻してもいい」と力を込める。

 一方で生徒にも「会員制交流サイト(SNS)で不満を言うだけでなく、生徒会を通して、諦めずに学校と交渉する粘り強さも必要だ。内申書に響くという声も確かに聞くが、それはおかしい。生徒の将来を保障したいのは教師も同じ。信頼関係をつくり、理不尽な校則は変えていってほしい」と呼び掛けた。

    ◇   ◇

 神戸新聞社は、読者の投稿や情報提供を基に取材を進める双方向型報道「スクープラボ」を始めました。身近な疑問や困りごとから、自治体や企業の不正告発まで、あなたの「調べてほしい」ことをお寄せください。LINEで友だち登録(無料)した後に投稿できます。皆さんと一緒に「スクープ」を生み出す場。ご参加をお待ちしています。

教育の最新

天気(11月19日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 60%

  • 16℃
  • ---℃
  • 10%

  • 14℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ