教育

教育ニュース
  • 印刷

 兵庫県私立中学高等学校連合会は14日、2020年度私立中学入試の出願状況を発表した。37校の総募集定員は前年と同じ4479人。同日午前10時現在の出願者数は1万3826人(前年同期比605人増)で、平均倍率は3・09倍と前年(2・95倍)を0・14ポイント上回った。

 同連合会によると、複数日程の入試日を設けたり、午後入試を実施したりする学校が増えたことなどが影響し、出願者数を押し上げたという。

 14日午前10時時点で、一部日程を含めて出願を締め切っているのは10校。そのうち8校は学校全体での出願者数が確定した。

 倍率が高いのは、(1)三田学園(後期日程18・95倍)(2)六甲学院(B日程14・93倍)(3)関西学院(B日程13・13倍)(4)啓明学院(B方式10・17倍)(5)夙川(7・93倍)-など。

 1次募集の試験は、生野学園と近畿大付属豊岡を除き、18日が初日となる。(太中麻美)

教育の最新
もっと見る

天気(2月20日)

  • 12℃
  • 5℃
  • 0%

  • 11℃
  • 1℃
  • 10%

  • 12℃
  • 4℃
  • 0%

  • 13℃
  • 3℃
  • 10%

お知らせ