教育

教育ニュース
  • 印刷

 近畿地方の多くの私立中学校で18日、2020年度の入学試験が始まった。兵庫県内では同日午前、全37校中35校で試験があり、5117人が挑んだ。

 兵庫県私立中学高等学校連合会によると、午前の試験の受験生は前年度比99人減で、実質競争倍率は1・34倍(19年度1・35倍)。トラブルの報告は入っていないという。

 37校の総募集定員4479人に対する出願者数は1万3826人(14日午前10時現在)。複数日程の導入などが影響し、前年同期より605人増えた。(太中麻美)

教育の最新
もっと見る

天気(2月20日)

  • 12℃
  • 5℃
  • 0%

  • 11℃
  • 1℃
  • 10%

  • 12℃
  • 4℃
  • 0%

  • 13℃
  • 3℃
  • 10%

お知らせ