教育

教育ニュース
  • 印刷
兵庫県庁3号館=神戸市中央区下山手通5
拡大
兵庫県庁3号館=神戸市中央区下山手通5

 新型コロナウイルス感染症の影響で分散登校などが続く兵庫県立学校(高校、特別支援学校など)174校について、県教育委員会は9日、授業は15日から、部活動は22日から通常に戻すと発表した。一方、新型コロナの感染者が出れば出席停止扱いにし、状況に応じて学級閉鎖や学校閉鎖の措置を取るという。

 県立学校は1日に授業を再開。現在は学級を二つに分け、分散登校を続けている。通常授業となる15日以降も、感染者が出た場合は本人を出席停止とし、保健所などと協力して校内での濃厚接触者を特定。濃厚接触者も約2週間、出席停止にする。

 また部活動は15日から、上限を「週4日」、活動時間を「2時間以内」に拡大。22日からは平時と同じ活動を認める。公式試合や合宿は県内に限り、7月10日から可能とする。

 学校では、マスクの着用や換気の徹底などの感染症対策を実施。感染不安などで登校できない生徒はこれまでは欠席にしなかったが、15日からは欠席扱いになる。(斉藤絵美)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

教育の最新
もっと見る

天気(8月9日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ