教育

教育ニュース
  • 印刷
学校説明会として配信された動画(雲雀丘学園提供)
拡大
学校説明会として配信された動画(雲雀丘学園提供)

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言の解除を受け、休校していた兵庫県内の私立学校も授業を再開し、日常を取り戻す動きが進む。一方で、多くの学校が受験生や保護者に向けた説明会の時期を迎えた。感染予防に気を抜けない中、各校はオンラインでの開催に切り替えて対応している。(太中麻美)

 甲南中学・高校(芦屋市)は20日の学校見学会を、オンラインで実施した。従来は教職員が学校の特色を語り、校内見学に案内し、個別相談に応じ、例年100~200組の児童生徒や保護者が来校する。

 今年は感染防止のため、学校に足を運んでもらうことはせず、教育方針や卒業後の進路、クラブ紹介などについてそれぞれ数分の動画を制作。見学会の参加希望者に「YouTube(ユーチューブ)」で事前に閲覧してもらった。当日はオンライン会議アプリ「Zoom(ズーム)」を加えて取り入れ、教職員が個別相談に活用した。

 毎年多くの受験生が見学を兼ねて訪れる5月末の体育祭も、新型コロナの影響で中止を余儀なくされた。同校の担当者は、オンライン見学会について「少しでも学校を知ってもらう機会をつくりたかった」と力を込めた。

 雲雀丘学園中学・高校(宝塚市)も4月末、教育理念や入試の内容、卒業生の声などを紹介する約50分間の動画をユーチューブでライブ配信した。5、6月に校外説明会を予定したが中止したため、代替策として短期間で作った。

 通常の説明会では卒業生も登壇し、母校の魅力を伝える。しかし今回は志望の理由や部活動の様子、通塾の有無などを語って動画に収め、発信した。

 動画はその後も視聴することができ、これまでに再生数は約3千回に達した。同校は「今年は対面で実施できなかったが、再生数を反応として受け止めている」と手応えを強調。今後は、状況を見ながら人数を限定し、説明会を実施する予定だという。

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

教育の最新
もっと見る

天気(8月9日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 20%

  • 37℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ