教育

教育ニュース
  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 兵庫県私立中学高等学校連合会は26日、県内の私立中学・高校の2021年度の生徒募集概要を発表した。新型コロナウイルスの影響で、今春の入学生が減った全寮制男子校の自由ケ丘高(姫路市)が募集を停止する一方、姫路女学院中(同市)は58年ぶりに募集を再開。また、少なくとも中高47校で、コロナ感染などによって欠席した受験生のために追試験を行う。

 公募する高校の内訳は、男子校=1105人(前年比180人減)▽女子校=2420人(同230人減)▽共学校=5883人(同200人増)。自由ケ丘高の在校生約80人は、学校法人が運営する津市の高校に転入するという。

 1次募集は来年1月4日から出願、生野学園(朝来市)を除き2月10日から入試があり、同月15日まで合格発表がある。1・5次募集は9校が2月18日に実施し、23校で2次募集(3月24日実施)がある。

 中学の募集は、男子校=1169人▽女子校=1665人▽共学校=1675人。1963年に募集を停止した姫路女学院が再開予定(認可申請中)で、女子校のみ30人増えた。また今春から小学校での英語必修化に伴い、15校が英語を試験内容に含めた。中学は11月16日から出願、来年1月16日から入試があり、同20日までに合否が発表される。

 詳細は同連合会TEL078・335・7697

(斉藤絵美)

【特集】高校受験

教育の最新
もっと見る

天気(12月5日)

  • 16℃
  • ---℃
  • 10%

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

  • 16℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ