ニュース
  • 印刷

 兵庫県内の全日制公立高校では初めて、全国から生徒を募集する特色選抜の「地域アウトドアスポーツ類型」がある県立村岡高校(同県香美町村岡区村岡)で8日、入学式が開かれ、同類型に初めて県外から生徒が入学した。堺市出身の男子生徒で「スキーの技術を磨きたい」と胸を躍らせる。(三上彰規)

 同市立長尾中学校を卒業した木村文哉君(15)。子どものころからスキーが好きで、現在は3級の腕前。村岡高校スキー部は男子が県総体を28連覇中の強豪で、「中学時代は府代表として近畿大会に出場したが、全国大会に進みたい」と志し、親元を離れての進学を決めた。

 同類型は普通科にあり、2014年度に開設。一般科目のほか、スキーやゴルフ、沢登りなどのスポーツ、文化などの地域の特色を生かした教育課程が用意されているが、同年度には県外からの入学はなかった。

 15年度の新入生60人のうち、33人が同類型で、県内では西宮市や川西市、姫路市などの中学校から進学しているという。

 香美町が遠隔地からの進学者に対して、下宿代を補助する制度を設けており、木村君たちは地元に下宿して村岡高校に通う。

ニュースの一覧

天気(8月19日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 50%

  • 32℃
  • ---℃
  • 50%

  • 34℃
  • ---℃
  • 40%

  • 34℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ