ニュース
  • 印刷

 兵庫県教育委員会は21日、2015年度の公立高校一般入試で、3月12日に行った学力検査の分析結果を発表した。全日制、定時制を合わせた受験生の平均点(5教科分)は、100点満点換算で54・2点。14年度と比べ1・3点高かった。

 教科別にみると、国語59・3点(14年度52・6点)▽社会65・6点(同57・5点)▽数学52・7点(同49・2点)▽理科42・6点(同54・4点)▽英語50・5点(同50・3点)。

 国語では漢字の読みや語句の理解で得点率が高かったが、評論の内容読解は低かった。数学では基本的な計算は高かったが、平行四辺形の面積は低かった。県教委高校教育課は「来年度の問題作成に生かしたい」としている。(上田勇紀)

ニュースの一覧

天気(8月21日)

  • 31℃
  • 27℃
  • 30%

  • 29℃
  • 25℃
  • 50%

  • 33℃
  • 26℃
  • 30%

  • 33℃
  • 26℃
  • 30%

お知らせ