ニュース
  • 印刷

 兵庫県教育委員会は、来春に実施する県内公立高校の入試要綱を発表した。推薦、特色選抜、多部制1期などは、2月15日(一部は16日も実施)に適性検査や面接を実施し、合格発表は同20日。一般入試は3月12日で、総合学科の実技検査は同13日、合格発表はいずれも19日にある。通信制課程は3月4、5日に面接のみを実施する。

 県教委によると、主な変更点は、武庫荘総合(尼崎市)に福祉探求科、姫路西(姫路市)に国際理学科を新設する。篠山産業(篠山市)、飾磨工業(姫路市)、但馬農業(養父市)は、学科の改編がある。生野(朝来市)では、普通科に観光・グローバル類型を新設。伊和(宍粟)では、キャリア教育中心の類型を設置する。

 明石商業(明石市)は、商業科の一般入試が全県から受験可能となる。2015年度に再編した複数志願選抜の学区に変更はないという。各校の定員は中3対象の進学希望調査の結果などを踏まえて決まる。(井上 駿)

ニュースの一覧

天気(11月14日)

  • 17℃
  • 15℃
  • 60%

  • 12℃
  • 10℃
  • 80%

  • 18℃
  • 15℃
  • 70%

  • 15℃
  • 13℃
  • 60%

お知らせ