ニュース
  • 印刷
兵庫県教育委員会の入る兵庫県庁3号館=神戸市中央区下山手通5
拡大
兵庫県教育委員会の入る兵庫県庁3号館=神戸市中央区下山手通5

 兵庫県内公立高校の2018年度一般入試(12日)の学力検査「社会」で、時差を求める問題について「サマータイムが適用されておらず不適切」との指摘が県教育委員会に寄せられていることが15日、分かった。県教委は「サマータイムは中学の検定教科書の範囲外で問題ない」としている。

 サンフランシスコの現地時間が4月12日午後2時の場合、日本の時刻をア~エの選択肢から選ぶ問題で、経度の違いから17時間進む「エ 4月13日午前7時」を正答とした。配点は100点満点中、3点。

 外務省によると、サンフランシスコでは、4月12日は標準時を1時間進めるサマータイムの期間中で時差は16時間となる。県教委は「教科書の範囲内からの作問であり、適切な選択肢はほかにない」とし、加点などの調整をしない方針。(井上 駿)

ニュースの一覧

天気(9月19日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 25℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ