ニュース
  • 印刷

 兵庫県内の私立高校で10日、2020年度の1次入試が本格的に始まり、県私立中学高等学校連合会は同日の受験状況を発表した。

 既に試験を行った生野学園(朝来市)を含む45校の受験者は、前年度比605人減の計3万3186人で、欠席者は79人。定員は9548人で、平均倍率は3・48倍(前年度3・52倍)だった。

 最高倍率は、仁川学院(西宮市)のアカデミア(29・38倍)。滝川第二(神戸市西区)のスーパーフロンティア(26・13倍)、神戸野田(神戸市長田区)の特進S(24・23倍)なども倍率が高かった。

 合格発表は生野学園が22日、それ以外は14日までにある。(佐藤健介)

【リンク】兵庫県内私立高の出願状況

ニュースの一覧

天気(3月29日)

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

  • 14℃
  • ---℃
  • 0%

  • 13℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ