三木

  • 印刷
発進式でボタンを押す関係者=神戸市西区押部谷町西盛
発進式でボタンを押す関係者=神戸市西区押部谷町西盛

 神戸市西区から兵庫県三木市緑が丘町を通り、同市志染町広野に至る農業用の山田幹線水路(緑が丘サイホン)の新設工事本格化を前に15日、安全祈願祭が神戸市西区押部谷町西盛で行われた。農林水産省が進める東播用水二期農業水利事業の一環。同省近畿農政局のほか、東播用水土地改良区や関係市町、自治会などから65人が参列した。

 明治から大正時代に造られ、老朽化が著しい「淡山疏水(たんざんそすい)」の中で、緑が丘地域の団地の下を通るため改修が難しい山田幹線水路の一部を廃止し、道路などの下を通る全長約2・4キロの水路を新設。既設の水路につなぎ、三木、神戸、明石、加古川市や稲美町に水を運ぶ。工事費は約25億円。

三木の最新
もっと見る

天気(9月25日)

  • 27℃
  • 20℃
  • 10%

  • 27℃
  • 15℃
  • 10%

  • 30℃
  • 19℃
  • 0%

  • 30℃
  • 17℃
  • 10%

お知らせ