三木

  • 印刷
多彩な木工作品が並ぶ「匠倶楽部」の展示=三木市細川町瑞穂、まなびの郷みずほ
拡大
多彩な木工作品が並ぶ「匠倶楽部」の展示=三木市細川町瑞穂、まなびの郷みずほ

 三木市高齢者大学(兵庫県三木市)の大学祭が25日、同市細川町瑞穂の「まなびの郷(さと)みずほ」で始まった。書道や水墨画、写真、木工など各クラブの力作が並ぶ。26日まで。

 市内の60~80代が学び、4年制の大学に184人、2年制の大学院には42人が在籍。旧瑞穂小学校校舎を利用して活動し、毎年この時期に大学祭を開いている。

 木工の「匠(たくみ)倶楽部」の作品展は、細やかな手作業が光る書道具箱や花器、竹製のコップ、いすなどが並ぶ。茶道クラブではお茶席が1回400円で楽しめる。喫茶コーナーではコーヒーを1杯100円で提供する。

 最終日の26日は午前10時~午後3時、体育館で演芸発表を行い、大道芸やコーラス、詩吟、太極拳、民謡踊り、社交ダンスなどを披露する。実行委員長の馬場由和さん(67)=同市志染町東自由が丘2=は「一生懸命練習した成果を見せたい」と意気込んでいる。

 無料。同大学事務局TEL0794・88・2550

(桑野博彰)

三木の最新
もっと見る

天気(6月28日)

  • 27℃
  • 23℃
  • 60%

  • 29℃
  • 20℃
  • 60%

  • 27℃
  • 22℃
  • 70%

  • 28℃
  • 22℃
  • 60%

お知らせ