三木

  • 印刷
昨年の「山田錦まつり」で日本酒の試飲を楽しむ人たち=三木市吉川町吉安
拡大
昨年の「山田錦まつり」で日本酒の試飲を楽しむ人たち=三木市吉川町吉安

 兵庫県三木市特産の酒米・山田錦で造った日本酒の魅力を紹介する「山田錦まつり」が3月11、12日午前10時~午後4時、同市吉川町吉安の「山田錦の館」と吉川温泉よかたん駐車場で開かれる。吉川地域から山田錦を仕入れている灘五郷など11社が高級酒などを試飲できるブースを設けるほか、酒などが当たる餅まきも行われる。(大島光貴)

 同市は山田錦の生産量が日本一。市によると本年度は約1530ヘクタールで生産し、全国の15%に当たる約5490トンを出荷した。まつりは生産農家や市、JAみのりなどでつくる実行委員会が主催する。

 11社の銘柄は、白鷹▽櫻正宗▽菊正宗▽菊姫▽白鶴▽日本盛▽剣菱▽沢の鶴▽大関▽白雪▽白鹿。各ブースで酒や甘酒を振る舞うほか、ぶり大根やかす汁などを販売する。

 11日午後1時から白鷹、12日午前10時15分から日本盛が鏡開きを行い、酒を無料で振る舞う。餅まき(各日4千個)は両日とも午後3時半から。和太鼓演奏などもある。

 無料シャトルバスをJR新三田駅、細川町公民館、朝日ケ丘(神戸電鉄恵比須駅、緑が丘駅経由)発着で運行。よかたんバスも無料で臨時運行する。実行委事務局(吉川支所地域振興課内)TEL0794・72・0180

三木の最新
もっと見る

天気(6月25日)

  • 25℃
  • ---℃
  • 50%

  • 26℃
  • ---℃
  • 50%

  • 26℃
  • ---℃
  • 50%

  • 26℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ