三木

  • 印刷
新商品の「縁むすび」と「塩むすび」をPRする内橋欣司さん=三木総合防災公園
新商品の「縁むすび」と「塩むすび」をPRする内橋欣司さん=三木総合防災公園

 三木総合防災公園(兵庫県三木市志染町三津田)で弁当などを販売するNPO法人北播磨生活応援団(加東市)が、新商品のおにぎりを考案した。三木市産キヌヒカリを使用した「縁むすび」と、加東市産ヒノヒカリを使った「塩(えん)むすび」。同公園で5日に開かれる「みっきぃふれあいマラソン」で初めて同時販売する。

 同法人は2015年度から、同公園内で食事の需要に応える県の社会実験として土・日曜と祝日に出店。手軽な食べ物の要望も多いため、おにぎりの発売を決めた。サッカーなどの全国大会が数多く開催されることから「全国の人々と縁をつなぐきっかけになれば」との願いを込めて命名した。

三木の最新
もっと見る

天気(3月31日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 60%

  • 10℃
  • ---℃
  • 50%

  • 12℃
  • ---℃
  • 70%

  • 12℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ