三木

  • 印刷
半世紀ぶりの優勝を果たした(右から)眞鍋悠来巡査長、平野克直巡査部長ら=三木署
拡大
半世紀ぶりの優勝を果たした(右から)眞鍋悠来巡査長、平野克直巡査部長ら=三木署

 2016年度の兵庫県警剣道大会(2月22日、神戸市)の規模別に争う団体戦C組で、三木署が1964年度(当時はD組)以来となる優勝を飾った。4戦全勝と活躍した先鋒(せんぽう)の眞鍋悠来(ゆうき)・地域課巡査長(26)は「全員の協力で勝つことができた」と喜んだ。

 C組13チームによるトーナメント戦。豊岡南署との決勝は2-1で迎えた大将戦で、平野克直(かつまさ)・地域課巡査部長(45)は難敵を相手に敗れたものの、許した本数を1本に抑え、チームの合計本数差で逃げ切った。三木署では祝福の横断幕を掲げて出迎えたという。

 同署のメンバーは大会1週間前から集中的に稽古を重ね、淡路市などに遠征した成果を発揮した。平野巡査部長は「若手に支えられてなんとか踏ん張れた」と息をついた。(井川朋宏)

三木の最新
もっと見る

天気(8月17日)

  • 32℃
  • 26℃
  • 30%

  • 32℃
  • 23℃
  • 60%

  • 33℃
  • 26℃
  • 20%

  • 34℃
  • 25℃
  • 30%

お知らせ