三木

  • 印刷
たいまつを振り回し、力強く舞う赤鬼と黒鬼=三木市大村、金剛寺
たいまつを振り回し、力強く舞う赤鬼と黒鬼=三木市大村、金剛寺

 兵庫県三木市大村、金剛寺で9日、五穀豊穣(ほうじょう)や家内安全を願う春祭りが開かれた。江戸時代から続くとされる伝統の「鬼追い式」は、昨年に続いて大村自治会の運営で奉納。境内は住民や写真愛好家らでにぎわった。(井川朋宏)

 大般若経(だいはんにゃきょう)の転読、護摩(ごま)をたく祈願に続き、山から里へ下りてきたとする赤鬼と黒鬼が登場して舞台は「鬼追殿」へ。和太鼓とほら貝の演奏が響く中、鬼はたいまつを振り回し、足を踏み鳴らして舞った。続いて8人の男児が掛け声とともに棒を打ち合い、軽快に跳びはねる。これを交互に繰り返し、最後に鬼や子どもらが餅まき。次第に心が和らいだ鬼が山へ帰るまでを表現した。

三木の最新
もっと見る

天気(10月23日)

  • 18℃
  • 16℃
  • 90%

  • 17℃
  • 13℃
  • 100%

  • 17℃
  • 15℃
  • 90%

  • 17℃
  • 15℃
  • 100%

兵庫県内に 警報 が発令されています

お知らせ