三木

  • 印刷

 三木総合防災公園(兵庫県三木市志染町三津田)内を周回する「三木防災スプリングマラソン大会」が16日、開かれた。県内外の約280人が参加し、汗ばむ陽気の中で力走した。1周6・3キロをほぼ7周するフルマラソン男子は、明石市の自営業竹内文造さん(48)が3時間16分38秒で優勝。同女子は丹波市のピアノ講師中村美穂さん(42)が4時間1分59秒で制した。

 かつて神戸製鋼陸上部監督を務めた田宮敬之助さん(81)の提唱で2010年から始まり、8度目。同公園第2陸上競技場を発着点に、42・195キロ▽21・0975キロ▽10キロ▽5キロ-の4部門で争った。

 午後は三木市内の気温が20度以上に上昇。日差しも強く、途中棄権する選手も相次いだ。その中で、フルマラソン女子で最年少の小原未佑羽さん(13)=三木市立自由が丘中2年=が初挑戦で4時間24分49秒の快走。陸上部所属で距離が長いほど得意といい「だんだん足が軽くなり、走り切れて達成感がある。また走ってみたい」と晴れやかだった。(井川朋宏)

三木の最新
もっと見る

天気(12月18日)

  • 8℃
  • 2℃
  • 10%

  • 8℃
  • -3℃
  • 20%

  • 8℃
  • 2℃
  • 0%

  • 9℃
  • 0℃
  • 10%

お知らせ