三木

  • 印刷
初公開された播磨国城攻図(手前)と播州三木古城図(奥)=三木市上の丸町、みき歴史資料館
初公開された播磨国城攻図(手前)と播州三木古城図(奥)=三木市上の丸町、みき歴史資料館

 主に江戸時代の絵図から三木の歴史をひもとく企画展「近世絵図にみる播州三木」が、兵庫県三木市上の丸町、みき歴史資料館2階企画展示室で開かれている。戦国時代の三木合戦当時を表す史料など約20点を出品。5月中旬に一部を入れ替える。6月11日まで(月曜休み)。(井川朋宏)

 市内企業からの寄付金を活用し、江戸中期の制作で米沢藩上杉家が所蔵した絵図の写し2点を東京の古書店から入手して初公開。播州三木古城図(縦150センチ、横159センチ)は三木城廃止後に実地検分を行って作成したとみられ、本丸が後の定義と異なるのが分かる。播磨国城攻図(しろせめず)(縦113センチ、横180センチ)は三木合戦当時、播磨各地で三木城周辺を守り支える別所方の城と攻める織田方の付城(つけじろ)がそれぞれ描かれ、軍勢の配置が分かる。

三木の最新
もっと見る

天気(6月25日)

  • 25℃
  • ---℃
  • 50%

  • 26℃
  • ---℃
  • 50%

  • 26℃
  • ---℃
  • 50%

  • 26℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ