三木

  • 印刷
個性的な色使いが鮮やかな作品が並ぶ=三木市福井、森の風美術館
拡大
個性的な色使いが鮮やかな作品が並ぶ=三木市福井、森の風美術館

 全国規模の美術団体会員でつくる「洋画集団・風の環」の前期展(神戸新聞社後援)が、兵庫県三木市福井、三木山森林公園内の「森の風美術館」で開かれている。同市や神戸市、加古川市などの会員ら13人が6~50号の油彩やデッサン45点を出品している。27日まで(水曜休み)。

 日展会友で美術団体「東光会」審査員の洋画家小林欣子さん(神戸市西区)が指導し、毎年開いている。後期展は9月7~19日、主に100号の大作を集めて開催する。

 前期の展示作品は、紅葉を迎えた赤、黄、緑の鮮やかな山の風景画▽青を基調とした幻想的な静物画▽繊細な色使いで描いた自然の風景画-などさまざま。10年以上育てている紫と白のアイリスを丁寧に描いた吉森輝美さん(同市西区)は「ずっと描きたかった絵。皆がそれぞれの作品に込めた深い思いを感じ取ってもらえたら」と語る。

 午前10時~午後5時(27日は同4時まで)。入場無料。同公園TEL0794・83・6100

(井川朋宏)

三木の最新
もっと見る

天気(6月28日)

  • 27℃
  • 23℃
  • 60%

  • 29℃
  • 20℃
  • 60%

  • 27℃
  • 22℃
  • 70%

  • 28℃
  • 22℃
  • 60%

お知らせ