三木

  • 印刷
三木東高生とみきヴェルデが共同開発した「みるきぃ~ホワイトバーガー」=かじやの里メッセみき
拡大
三木東高生とみきヴェルデが共同開発した「みるきぃ~ホワイトバーガー」=かじやの里メッセみき

 兵庫県立三木東高校(三木市別所町小林)の生徒と同市のハーブ工房「みきヴェルデ」が、「みるきぃ~ホワイトバーガー」を開発した。三木産ハーブと山田錦の酒かす、コシヒカリで作ったホワイトソースは濃厚な味わい。白いパンには播州百日どりや姫路のレンコンなどを挟む。10日までかじやの里メッセみき(同市福井)で開かれる催し「兵庫五国祭」で販売している。

 起業に関わる商業科目を選択する3年生29人が参加。「三木市を有名にして活性化させたい」と、鳥取県で10月にあるご当地バーガーの祭典とっとりバーガーフェスタに向け、4月に準備を始めた。白にこだわったコンセプトや食材、市名を入れた名前は生徒が考案。同工房が指導し、調理や試験販売を重ねてきた。

 9日の兵庫五国祭初日には生徒5人が販売に参加。女子生徒(17)は「クリーミーな味わい。バジルがいいアクセントでタマネギも甘く、おいしい」と笑顔を見せた。同工房の古家摩耶さん(29)は「まずは地元の皆さんに食べてもらいたい」と話している。(大島光貴)

三木の最新
もっと見る

天気(11月21日)

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

  • 11℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ