三木

  • 印刷
発想力豊かな児童や生徒の作品が並ぶ=かじやの里メッセみき
拡大
発想力豊かな児童や生徒の作品が並ぶ=かじやの里メッセみき

 三木市立幼稚園と小中学校、特別支援学校の子どもたちが出展する「青少年芸術祭・市立学校園造形作品展」(市教育委員会主催)が20日、かじやの里メッセみき(兵庫県三木市福井)で始まった。絵画や立体の力作約千点が並ぶ。22日まで。

 別所中生は複数の野菜や果物を組み合わせ、「キウリンゴ」や「うめーパイナップル」と名付けたユニークな食品サンプルを創作。「名画の中のわたし」をテーマに取り組んだ三木東中生は、「富嶽三十六景」などの模写に自身の写真を貼り付けた。三樹幼稚園児は、大宮八幡宮の秋祭りを参考に、金色に輝く屋台を手作りした。

 風景画を出品した自由が丘中3年の男子生徒(15)は「各校とも工夫していて、良い作品が多い」と感心していた。

 午前10時~午後6時(22日は同3時まで)。入場無料。(井川朋宏)

三木の最新
もっと見る

天気(8月17日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 0%

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 31℃
  • ---℃
  • 10%

  • 32℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ