三木

  • 印刷
とり天や切り干し大根、さつま汁など九州の郷土料理を味わう児童たち=緑が丘小
拡大
とり天や切り干し大根、さつま汁など九州の郷土料理を味わう児童たち=緑が丘小

 全国学校給食週間(24~30日)に合わせ、兵庫県三木市立幼稚園、小中学校、特別支援学校で24日、全国各地の特産を使った献立「郷土料理で日本一周!」の給食が始まった。児童らは県内外の郷土の味を堪能し、顔をほころばせた。

 市内各地域の学校教諭や保護者らでつくる市学校給食献立検討委員会が毎年、同週間に特別メニューを考案。今年は日替わりで、兵庫県=三木産米粉のマフィン▽北海道=焼きザケ、いも団子汁▽沖縄=鶏肉の黒蜜煮▽四国=カツオのオーロラ煮-など地域ごとの献立が並ぶ。

 緑が丘小(三木市緑が丘町西1)はこの日、九州の献立。大分のとり天、鹿児島のさつま汁、宮崎産切り干し大根の酢の物などを味わった。2年のクラスではとり天が人気で、子どもたちはこぞってお代わりを求めて手を挙げていた。男児(8)は「さつま汁もとり天も全部おいしかった」と満足げに話した。(井川朋宏)

三木の最新
もっと見る

天気(5月22日)

  • 25℃
  • 17℃
  • 20%

  • 29℃
  • 11℃
  • 10%

  • 28℃
  • 16℃
  • 10%

  • 27℃
  • 15℃
  • 10%

お知らせ