三木

  • 印刷
映画「ずっと、いっしょ。」の上映会を企画した「ゆずり葉委員会」のスタッフら=三木市志染町吉田、画廊喫茶とらうべん
拡大
映画「ずっと、いっしょ。」の上映会を企画した「ゆずり葉委員会」のスタッフら=三木市志染町吉田、画廊喫茶とらうべん

 兵庫県三木市などで命と向き合ってきた市民有志でつくる「ゆずり葉委員会」が、家族の絆を問うドキュメンタリー映画「ずっと、いっしょ。」を12日、市民活動センター(同市末広1)で上映する。代表の福祉作業所指導員米林幸峯さん(同市)は「大切な人がいてくれることが奇跡だと再確認できる映画」とアピールしている。(大島光貴)

 米林さんは長女を未熟児で出産した際、新生児集中治療室(NICU)で毎日、小さな命が失われる様子を目にした経験を持つ。子育てが一段落したことから、夫を亡くした女性や、脳性まひの男児を育てる夫妻らと同委員会をつくり、最初の活動として映画上映を企画した。

 累計70万人以上が鑑賞した豪田トモ監督の映画「うまれる」の第2弾。血のつながりのない息子を育て、事実を伝えるべきか葛藤する父親▽42年連れ添った最愛の妻を失い、悲しみと向き合う夫▽1歳まで生きる確率が約10%という重い障害の子を育てる夫婦-を描く。

 スタッフの男性(50)=同市志染町東自由が丘1=は「3組とも応援したくなる家族で、ほのぼのした気持ちになる。当たり前のことが幸せだと感じた」と話す。

 午前10時と午後1時半開映。上映時間2時間2分。前売り千円(小中高生500円)、当日1200円(同600円)。画廊喫茶とらうべんTEL0794・85・4835

三木の最新
もっと見る

天気(5月22日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 10%

  • 30℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ