三木

  • 印刷
販売が始まった「いちごショコラップ」=三木市吉川町吉安、山田錦の館
拡大
販売が始まった「いちごショコラップ」=三木市吉川町吉安、山田錦の館

 兵庫県三木市吉川町吉安、山田錦の館で6日、吉川地域産イチゴをチョコレートで包んだオリジナル商品「いちごショコラップ」の販売が始まった。14日のバレンタインデーまでの期間限定。館内で加工を手掛ける企業組合「彩雲」の担当者は「イチゴの酸味とチョコの甘さを楽しめる。大切な人に贈ってもらえれば」と話す。

 2014年から販売。生産者でつくる「三木市いちご研究会」からイチゴ「紅ほっぺ」の提供を受け、チョコで半分以上覆った後、粉糖をまぶして仕上げる。

 4個入り箱(千円)と2個入り箱(500円)、1個入りカップ(250円)に加え、45グラム以上の大粒を使う1個入り箱(500円)を用意。初日は明石市から買いに訪れた夫妻もいたといい、同館は予約も受け付けている。

 午前9時半~午後9時。13日休み。同館TEL0794・76・2401

(大島光貴)

三木の最新
もっと見る

天気(5月22日)

  • 25℃
  • 17℃
  • 20%

  • 29℃
  • 11℃
  • 10%

  • 28℃
  • 16℃
  • 10%

  • 27℃
  • 15℃
  • 10%

お知らせ