三木

  • 印刷
兵庫県警が無償で貸し出している警告機能付き通話録音装置(左)と、特殊詐欺への注意を呼び掛けるチラシ=三木署
兵庫県警が無償で貸し出している警告機能付き通話録音装置(左)と、特殊詐欺への注意を呼び掛けるチラシ=三木署

 兵庫県三木市内で2017年に発生した特殊詐欺被害は15件約3500万円で、前年の7件約1800万円から倍増していることが三木署の調べで分かった。2月と12月には70代女性が1千万円をだまし取られる「おれおれ詐欺」が発生するなど被害者の半数以上は65歳以上だが、若年層が被害に遭うケースも。同署は「誰もが被害者になる可能性がある」と注意を呼び掛ける。

 同署によると15件の内訳は、架空請求=6件▽おれおれ=4件▽還付金=2件▽融資保証名目=2件▽その他=1件。銀行員などをかたって電話をかけた上で被害者宅を訪れ、暗証番号を聞き出してキャッシュカードを受け取った犯人が現金を引き出したケースも2件あった。

三木の最新
もっと見る

天気(8月17日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 0%

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 31℃
  • ---℃
  • 10%

  • 32℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ