三木

  • 印刷
INAC神戸のポスターを手に三木での公式戦をPRする仲田歩夢選手(左)と伊藤美紀選手=三木市役所
拡大
INAC神戸のポスターを手に三木での公式戦をPRする仲田歩夢選手(左)と伊藤美紀選手=三木市役所

 女子サッカーのINAC神戸が21日午後1時から三木総合防災公園陸上競技場(神戸市三木市志染町三津田)で行うプレナスなでしこリーグカップ第4節、ノジマステラ神奈川相模原(相模原市)戦をPRしようと、主力FW仲田歩夢選手(24)と副主将のMF伊藤美紀選手(22)が18日、三木市役所を訪れた。

 同カップは2グループの各5チームによる2回戦総当たりで、1位同士が決勝に進んで頂点を争う。INACは現在、2勝1敗の2位。入団1年目に同公園でよく練習したという仲田選手は「愛着のある会場。絶対に勝ちたい」と意気込む。

 チームは現在、アジア・カップに日本代表5選手を送り込んでいる。代役でゲームキャプテンを務める伊藤選手は「守備で体を張るなどのプレーで引っ張ることを意識し、いい経験ができている」と語る。

 同公園では昨年8月以来の公式戦開催。仲田選手は市長と同姓、伊藤選手は名前の「みき」が市名と同音で縁を感じるといい、2人は「三木で『ラッキーガール』になって点を決めたい」と誓った。(井川朋宏)

三木の最新
もっと見る

天気(5月22日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 10%

  • 30℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ