三木

  • 印刷
降雨の下、カバーをかぶせた屋台を練り合わせる氏子たち=三木市加佐
降雨の下、カバーをかぶせた屋台を練り合わせる氏子たち=三木市加佐

 五穀豊穣を祈る春祭りが2日、兵庫県三木市内で始まり、三坂神社(同市加佐)の宵宮で加佐東と加佐西の屋台が地区内を巡行した。終日雨に見舞われたが、市立三木コミュニティスポーツセンター(同)前では屋台2台を練り合わせ、氏子たちが威勢のいい声を響かせた。(井川朋宏)

 午後3時ごろ、同センター前に、カバーをかぶせた状態の屋台2台が相次いで到着。氏子たちは「ヨイヤサー」と気合の声を上げ、2台同時に競うように練り合わせた。加佐東屋台運営委員長の粂田栄三さん(53)は「雨にも負けず、例年通り活気のある運行ができた」とうなずいた。

三木の最新
もっと見る

天気(5月22日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 10%

  • 30℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ