三木

  • 印刷
春らんまん=2007年4月、三木市別所町高木(撮影・稲継泰朗さん)
拡大
春らんまん=2007年4月、三木市別所町高木(撮影・稲継泰朗さん)

 三木駅から西へ約600メートル。緩やかに下ると、あっという間に高木駅(兵庫県三木市別所町高木)に着く。三木鉄道が廃線を1年後に控えた春、駅前には例年と同じように黄色い菜の花が咲き誇った。白地に赤と青のラインが入る車両との対比が鮮やかだ。

 撮影した稲継泰朗さんは「ホームで列車を待つ人も、春を実感したはず」と語る。

 線路沿いには白い勾配標識が立ち、構内には公衆電話。駅は集落の中にあり、古びたホームの裏には瓦ぶき屋根が見える。付近には県道が通り、人も車も往来は多かったというが、昼下がり、利用客の姿はなかった。(井川朋宏)

 ◇2007年に写真集「三木鉄道」を出した稲継泰朗(いなつぐ・ひろあき)さんが撮影した写真を随時掲載します。

三木の最新
もっと見る

天気(10月21日)

  • 22℃
  • ---℃
  • 0%

  • 22℃
  • ---℃
  • 0%

  • 24℃
  • ---℃
  • 0%

  • 23℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ